シュフティで稼ぐコツ7ケ条【稼げないを卒業しよう】

シュフティで稼ぐコツ7ケ条

この記事では、シュフティで稼ぐコツについて紹介します。

 

シュフティでは単価が低いものもあり、なかなか稼ぐことは難しいですよね。

 

最初はやる気があったけど、途中でつらくなったり、単価があがらなかったり。シュフティで稼ぐのも楽ではありませんよね。

 

ただ、シュフティで稼げないのは、稼ぐコツを把握していなかったからかもしれません。

 

この記事で紹介している「シュフティで稼ぐコツ」を実践するだけで、あなたも今より稼げるようになるはずです。

 

以下のツイートのように、私は、シュフティで発注者として500件以上の案件を依頼してきましたが、稼げるワーカーさんとそうでないワーカーさんに差があることを感じていました。

 

シュフティで毎日発注してて思うけど、うまく稼ぐワーカーさんは上手にやりくりしてる!発注側だと本当にわかりやすいから、今度コツをまとめようかな。

 

あまり稼げていないワーカーさんは、本当にもったいないです。ただ、この記事を読んでからは稼げるワーカーさんになってもらうために稼ぐコツを紹介します。

 

困った際にはお問い合わせいただいても構いません。

 

それでは、発注者側からみたシュフティでの稼ぐコツについて、紹介していきますね。

 

シュフティで稼ぐコツは?

シュフティで稼ぐコツ

 

稼ぐコツ1:長期案件+単価アップの案件を選ぶ

できれば長期で単価アップする案件を選ぶようにした方がいいです。

 

理由は単純でして、短期だと低い単価のみで終わってしまうからです。

 

それではせっかく案件こなしたのに、次へつながりませんよね。しっかりと稼ぎやすいのは、長期案件+単価アップ案件がいいのです。

 

シュフティで案件を選ぶ

 

こんな感じで、長期案件で単価の上がる案件を選びましょう。

 

稼ぐコツ2:最初に単価アップの詳細についてきく

長期案件+単価アップの案件は、発注者によって単価アップの幅や頻度が大きく変わってきます。

 

正直なところ、ほんの気持ち程度しか上がらないものもありますので、完全に信用し切ってはいけません。

 

案件をこなす前や、なかなか単価アップしない場合には、以下のような形で単価アップについて聞いてみましょう。

 

「単価アップする条件を教えていただけますでしょうか?」

 

お金のことについて聞くのは気がひけるという方もいると思いますが、ここはかなり重要なところでして、そうでないと、発注者にうまく使われてしまいます。

 

一度でも単価の話題を出しておくことで、発注者の意識も変えることへも繋がります。

 

稼ぐコツ3:単価が上がらなければ案件変える

あまり単価が上がらないようであれば、案件を変えてしまいましょう。

 

せっかく案件になれてきたから続けてやりたいという方もシュフティには多いのですが、いい案件出ない場合にはそこでスキルを深めるのは時間の無駄です。

 

正直なところ、発注者としても、なるべく費用を抑えたい人がほとんどです。

 

なかなか単価が上がらないようであれば、そこで努力するよりも、いい発注者を見つけた方が確実に稼ぐことができます。

 

また、一度だけ小さい幅の金額がアップして、それ以降は変わらないという場合もありますので要注意ですね。

 

ここで大事なのは、単価アップありと書かれた案件タイトルが、どれほど反映されるのかを見分けることです。

 

稼ぐコツ4:かけもちする

一つの案件のみを行なっている方は、頻度を下げてかけもちすることも検討してみてはいかがでしょうか。

 

かけもちする本質は、発注者に刺激を与える材料になるということです。要は、単価の違いや仕事内容の違いによって、単価アップの交渉できるようになります。

 

普段仲良くしている発注者でも、お金のことだけは妥協せずに別で考えましょう。せっかくこなした案件なのにもったいないですよ。

 

稼ぐコツ5:プロフィールはしっかりと記入しよう

プロフィールはしっかりと作っておきましょう。15分もあれば、これらは記入することができます。

 

発注者は、依頼する前にここを見る場合が多いです。どんなワーカー様なのか想像する大部分がこの情報になります。

 

  • プロフィール画像設定
  • 本人確認
  • 簡単な経歴    などなど

 

稼ぐコツ6:リアルの話も混ぜる

発注者の顔はみえないといえど、人間ですよね。普段の何気ない会話であったり挨拶などは、いい印象を与えやすいです。

 

実際に、こういった雑談がないと、案件のやりとりのみになりますよね。

 

それって最初はやる気があった案件も、気がついてみれば気持ちが離れているなんてことはありませんか。

 

私が発注しているときは、ワーカーさんがなんとなくそんな状態であることもわかります。

 

シュフティでのやりとり
※これは私が脱水症状気味になってしまったときのやりとりです><
(モザイクかけさせていただきます)

 

発注者に媚びる訳ではありませんが、ある程度の会話は稼ぐためには必要です。

 

稼ぐコツ7:信頼関係ができてきたら単価の相談を持ちかける

信頼関係を築くことができれば、簡単に稼ぎやすくなります。

 

正直なところ、実際の経験から言うと、シュフティで信頼関係を築くことができるワーカーさんは少ないです。

 

ほんとにもったいないと思います。信頼関係までいければ、単価について相談を持ちかけましょう。

 

発注者としても、信頼関係のあるワーカーさんさんは手放したくないのです。ここが非常に重要でして、ワーカーさんが思っているよりも優遇してくれますよ。

 

ただし、信頼関係が崩れてもいけませんので、「あくまで相談する」といった姿勢は保つほうがいいと思います。

 

スキルがあるならシュフティ以外でもあり

シュフティ以外でもあり

 

記事作成スキルに自信があったり、デザインスキルがある方は、シュフティにこだわらなくていいです。

 

やっぱり突出したスキルがあるのは武器になりますし、稼ぎやすいです。

 

なんとなく興味がある方も、無料で会員登録できますので、一度見て見るのもいいと思います。

 

おすすめは以下の2つでして、記事作成であればサグーワークス、デザインやイラストができるのであればココナラなどで稼ぎやすいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です