【事前知識】AndroidアプリにYouTubeを実装するために【開発】

Android開発でYouTube APIを実装する

この記事では、Androidアプリ開発で、YouTubeを実装したい方に向けた内容となります。

 

YouTubeをどんな感じで実装するのか、気になるところですよね。一通りさわってみましたが、YouTube APIを実装するための事前知識がかなり重要だと思いました。

 

そこで、YouTubeをはじめてAndroidに実装できるように紹介していきたいと思います。

 

AndroidアプリでYouTubeのどんな機能が使える?

できること

以下のように、かなり様々なことが実装できまして、Androidアプリに実装する上ではほとんどできないことはないレベルです。

 

  • YouTube再生/停止/早送り
  • 動画情報取得(動画タイトル、動画サムネイル、再生回数、アップロード日など)
  • チャンネル情報表示(チャンネルバナー、チャンネルタイトル、チャンネル概要など)
  • 動画検索
  • コメント取得  などなど

 

できないことは?

YouTubeのAPIを使用して、以下の一つは実現できませんでした。

 

  • おすすめ動画の取得

 

上記の通りでして、YouTubeで動画を見ていると「あなたにおすすめの動画」が表示されますが、そういった個人におすすめの動画は取得することができません。

 

これができると、またアプリの幅が広がると思いますので、ちょっと残念です。

 

もしかしたら他にできないことがあるかもしれませんが、ほぼ確認していますので、たぶんこれだけだと思います。

 

AndroidにYouTubeを実装するには?

AndroidにYouTubeを実装するためには、以下の2つのAPIを組み合わせる感じになります。

 

  • YouTube Data API
  • YouTube Android Player API

 

2つのYouTube APIの役割は?

以下の画像の通りです。

 

YouTubeを実装するための取得〜再生までの流れ

 

①動画検索

 

基本的に動画情報の取得を行います。

 

動画タイトルや動画説明、チャンネル名、動画再生数など、YouTubeの情報を取得できます。

 

③動画情報をもとに再生要求

ここで、対象の動画の再生を行います。

 

再生するViewもYouTube Android Player API側で作ります。

 

「動画情報をもとに」と書いていますが、正確には各動画にふられている「動画ID」をわたしてあげることで再生要求をかけます。

 

YouTube Data Apiだけパターン

特に再生しないAndroidアプリの場合です。

 

動画タイトルだったり、再生回数などの情報を表示する際にのみ使う形となります。

 

そんな用途は、個人的にはなかなか浮かびませんが。

 

YouTube Android Player Apiだけパターン

特定の動画だけを再生する場合です。

 

動画検索して、検索した動画を再生したり、表示する場合には、このAPIでは実現できません。

 

この2つのAPIを組み合わせると、普段使っているYouTubeの機能がバチっと実装できます。

 

実際に実装するには?

YouTube Data API

公式ドキュメントにQuickStartがのっています。

 

以下の流れで進める形になります。

 

  1. Google API Consoleで登録 >>詳細はこちら
  2. YouTube Data APIを有効にする
  3. プロジェクトにQuickStartのコードをコピー

 

公式が詳しいかつ信頼できる情報ですので、詳細は割愛させていただきますね。

 

YouTube Android Player API

公式ガイドにも乗っていますが、以下の流れになります。

 

  1. YouTube Android Player APIの最新をダウンロード
  2. ダウンロードしたフォルダをプロジェクト内に配置
  3. Google API Consoleに登録 >>詳細こちら

 

※最初は、サンプルアプリケーションがありますので、そちらを動かせるようにするといいですよ。APKを落とすだけですし、実際にどんなことができるのかもチェックすることができますので。

 

こちらも公式が詳しいかつ信頼できる情報ですので、詳細は割愛させていただきますね。

 

Google API Consoleの登録手順

手順1:Google API Consoleにサインイン

Google API Consoleに移動して、Googleアカウントでサインインします。

 

念のため補足しておくと、ここはYouTube APIだけでなく、GoogleドライブのAPIやGoogleマップのAPIなど、さまざまなGoogle APIを管理できるところです。

 

手順2:OAuth認証情報作成

以下の画像の通りでして、「認証情報」→「認証情報作成」→「OAuthクライアントIDを作成」の順に進めていきます。

 

YouTube APIを有効にする

 

あとは画面にしたがって必要な情報を入力するだけです。

 

最後に

こんな感じでAndoridアプリにYouTubeを実装することができます。YouTubeを実装して、あなたはどんなアプリを作りたいですか?

これを実装すると、動画関連ではほとんど困らない実装ができると思います。

 

この辺までくれば、あとやるべきことはYouTube APIをさわるだけです。それほど難しいAPIではありませんので、ぜひさわってみてください。

 

この情報が役に立つことができれば嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です