【単純です】クラウドワークスで人が集まらないときにやるべきこと

クラウドワークスで人が集まらないときにやるべきこと

クラウドワークスで募集を開始したのに人が集まらない場合の解消方法について紹介します。

 

せっかく募集した案件も人が集まらないと思うように進まないですよね。そこで時間がかかってしまうと、本来時間をかけたい案件がおろそかになりかねません。

 

ただ、以下のツイートでも触れていますが、クラウドワークスで集まらないと悩んでいる場合の解消方法はとても簡単です。

 

クラウドワークスで案件に人が集まらないと悩む人がいるけど、解決方法は本当に簡単です。注目させるためのオプションを使うのが一番もったいないと思います。

 

この記事で紹介するやり方をやるだけで、人が集まらないということはまずないと思います。

 

5分もあれば実践できますので、まずはやってみてくださいね。

 

クラウドワークスで人が集まらない時にやること

クラウドワークスで集まらない時にやること

 

やるべきことは一つ

クラウドワークスで人が集まらない場合には、まずやるべきことは一つです。単価を変えるでも仕事内容を変えるでもありません。

 

そもそも、200万人以上も登録者がいるクラウドワークスなのに、なぜ人が集まらないかというと、人の目にふれる回数が圧倒的に少ないからです。

 

クラウドワークスでは、ワーカーさんも多いのですが、案件も多いため、普通に掲載しているだけではなかなか見てもらえないということですね。

 

まず人を集めるのに重要なのは、多くの人に見てもらうことなのです。

 

やることは単純でして、ワーカーさんに直接招待メッセージを送ることです。

 

クラウドワークスであれば、相当な単価の低さでない限り、参加してくれるものですよ。

 

仮に単価を低めに設定していても、初心者ワーカーさんは、なるべくハードルも低いもので選ぶ方もいますので。

 

実際に行う手順

この手順は5分もあれば、多くの人に招待を送ることができまして、何も考えずにバンバンできます。

クラウドワークスで招待する

 

手順①:クラウドワーカーを探す

画面上部のメニューボタンから、メニューを開いて、「クラウドワーカーを探す」をタップします。

 

PC版でも同様にクラウドワーカーを探すがあります。

 

手順②:職種を選ぶ

クラウドワーカーが出てきますので、案件に適した職種を選ぶようにしましょう。

 

ライターやデザイナーなどさまざまあります。

 

手順③:並び順を選ぶ

並び順には、新着、実績、評価の3つが存在します。

 

新着は初心者が集めやすく、実績はクラウドワークスに慣れている方を集めやすいです。

 

この辺の並び順は案件や個人の好みですね。

 

手順④:ワーカーさんを選択

手順②、③をおこなうと、クラウドワーカーさんが一覧で出てきますので、そのワーカーさんのページにいきましょう。

 

クラウドワークスで招待する

手順⑤:見てほしい案件を選択

ここで、現在募集中の案件を選択することができますので、それを選びましょう。

 

手順⑥:ショートメッセージを送信

最後に、ショートメッセージを送信すればOKです。

 

ショートメッセージの内容は、テンプレートで入力されますので、特になにも書かずに送信できます。

 

あとはこの手順を繰り返すだけです。

 

人が集まらないときの注意点

クラウドワークスで人が集まらないときの注意点

 

オプションは使わない

クラウドワークスだと、さまざまな注目オプションがありまして、優先的に公開される機能がありますよね。

 

これは一回5,000円~10,000円くらいかかったりします。

 

案件に人が集まらないときに使うより、高額案件でなるべくスキルの高いワーカーさんを集めたいときに使用するものです。

 

そういう状況の案件は、正直、人が集まらないということはほとんどないと思いますので、今回の対象外です。

 

ですから、オプションは使わないようにしてください。

 

私も何回か使用していますが、人が集まらないときに使用すると、高額なのにほとんど効果がないという現象が発生してしまいますよ。

 

控えめにいって、かなりもったいないことです。

 

それでも集まらない場合は?

それでも集まらない場合

 

仕事概要を見直す

それでも人が集まらない場合には、募集している仕事概要を見直すことが先決です。

 

わかりにくい部分や、矛盾している部分、ざっくりと説明してしまっている、などの部分は修正しておきましょう。

 

募集を開始した案件も、時間がたって見直してみると、よくわからなかったりすることがありますよ。

 

その上で、再度招待メッセージを送るようにすると、参加してくれるかもしれません。

 

また、かなり特殊な案件の場合、他に似た案件がないかチェックしてみましょう。

 

その募集方法をまねてみるのも、一つの手ですね。

 

単価を見直す

正直なところ、クラウドワークスで単価を見直すのは、優先度が低いです。

 

ただ、今までの方法をやってきて、まだ集まらないということであれば、単価に原因があるのだと思います。

 

単価の設定に困ってしまった場合には、似た案件を探してチェックしてみてください。

 

そうした上で、先ほどの招待メッセージを送る手順を行えば、まず集まらないなんて状況にはならないはずです。

 

正直なところクラウドワークスにこだわらなくてもよい

クラウドワークスにこだわらなくていい

 

クラウドワークスで人が集まらなくても、クラウドワークスでやり続ける必要はありませんよ。

 

正直なところ、リモートワークが普及してきているこの時代ですから、クラウドソーシングはたくさんあります。

 

それぞれ特色や得意な案件などが異なりまして、自分にあったクラウドソーシングを見つけると、発注がはかどりますよ。

 

これらのクラウドソーシングにまず登録しておけば、だいたいわかるはずです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です