ブラック企業で「疲れた」ときのストレス発散法9選【実体験あり】

ブラック企業で疲れたときのストレス発散法9選

「ブラック企業の過酷な仕事に疲れた・・・」という方におすすめするストレス解消方法を、実体験を交えながら紹介します。

また、疲れた心のストレス発散方法だけでなく、最後に本質的な部分にも触れていますので、最後まで目を通していただけると嬉しいです。

 

ブラック企業に疲れたときのストレス解消法9選

ブラック企業でのストレス発散方法

あなたは、自分に適したストレス発散方法を知っていますか?実際に、自分に適したストレス発散方法を知らない方が多くいます。

 

ストレス発散方法によって効果に個人差があるものですが、自分が良いと思うストレス発散方法を見つけることで、効率よく疲れた心を癒すことができます。自分に適したストレス発散方法は一つでなくて構いません。

 

むしろ3〜5つほど持っておいた方が、毎回同じで慣れてしまうことがないため安心です。実際に、私がブラック企業時代に癒すことができたストレス発散方法を9つピックアップしていきます。

 

 

ストレス発散方法1:本をよむ

個人的に、もっともおすすめするのが本を読むことです。本を読むことで、自然と今後の自分について考えることができるようになります。その際には、読む本のチョイスによって効果が左右されます。

 

個人的に、ブラック企業時代に人生が救われた本をピックアップします。なにを読んでいいのかわからないという方は、これらを読んでおくといいですよ。ブラック企業で疲れた心には、本当におすすめです。

 

嫌われる勇気

100万部以上の売り上げでベストセラーとなり、アドラー心理学のブームを引き起こしたこの一冊。内容は、心理学を学んだことがない方でも、とてもわかりやすく説明されています。

 

フジテレビで香里奈さん主演の「嫌われる勇気」でドラマ化されています。私自身は、この本を5回以上読んでいて、いつも感銘を受けていました。

 

ブラック企業にいる自分が無力に感じていたときに、元気づけてくれる本で、苦しんでいた僕の心にはグサグサ刺さりました。

 

人生論

ちょっと古いですが、経営者である堀江貴文さんの人生論という本です。伝えたいことがはっきりと書かれていて、個人的にはおすすめです。

 

経営者ならではの広い視野で書かれているため、ブラック企業で疲れていた僕には、考えつかなかった新たな発見が多くありました。堀江さんは、多くの本を出版しているため、人生論よりも「多動力」などの新しい本のほうがいいかもしれません。

 

転職の思考法

転職を考えている方は一度読んでほしい本です。転職のテクニック本でなく、転職のメリットデメリットを冷静に考えることができる内容になっています。

 

特に、転職したいけど勇気がないという方は参考になると思いますよ。

 

ストレス発散方法2:お酒を飲む

好きなお酒を飲んで酔っ払うのもストレス発散効果があります。ビールやワイン、梅酒、焼酎、ジンなど、自分の好きなお酒を買って飲んでみてはいかがでしょうか。

 

また、居酒屋やバーなど、外で飲むのも良いですね。ただし、疲れた心にお酒を飲むのが習慣化してしまうと、アルコール依存症になる危険性がありますので、注意しましょう。

 

ストレス発散方法3:映画をみる

映画好きな方は、映画をみて自分の心を動かしてみてはいかがでしょうか。それが刺激となり、ストレス発散できるはずです。

 

ジャンルはもちろん好きなものを選べばよいと思いますが、個人的にはアクション系がストレス発散になりましたので、参考になるサイトを載せておきます。

参考 ストレス発散!アクション映画おすすめ50選!スパイダーマンはじめマーベル映画盛りだくさん!ピックアップ シネマカフェ

 

ストレス発散方法4:カラオケにいく

大きな声を出すことは、ストレス発散になることが科学的に証明されています。思いっきり好きな曲を熱唱することで、ストレス発散につながります。

 

最近では、一人でカラオケに行く割合も増えてきています。抵抗がある方も、最初の一回だけいってしまえば慣れるはずです。できれば、会員登録を事前に済ませておくと、スムーズに入ることができるためおすすめです。

 

ストレス発散方法5:運動する

体を動かすことで、ストレス発散につながります。ただし、運動が習慣化すると、ストレス発散だけで終わってしまうので、あまりおすすめしていません。

詳しくは、この後の「ストレス発散したら今後について考える【最重要】」で解説しています。

  • ランニング
  • ジム
  • スイミング
  • サイクリング
  • ウォーキング etc…

 

ストレス発散方法6:遠出する

疲れた心には、遠出をして旅行にいくと、刺激を受けることができます。今まで知らなかった世界を知ることで、悩んでいたことが小さく思えるはずです。

 

ストレス発散方法7:温泉にいく

「遠出する」と一緒に、温泉に入ると、より疲れた体を癒すことができます。体の芯から温まることで、深い睡眠に入りやすくなることも、科学的にわかっていることです。

 

現状の自分をゆっくりと振り返ったり、じっくり考えたりできます。

 

ストレス発散方法8:電話相談

ブラック企業の仕事に悩んでいる場合、電話相談を行なっているところがあります。無料で電話相談を受け付けているところもあります。

 

自分で考えていたこととは違う、新たな発見があるかもしれません。

 

当時、存在を知りませんでしたので、私は実際にかけたことがありませんが、「厚生労働省」が行なっている無料相談になります。電話やメールで相談することができますので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

無料相談先

参考 こころの耳厚生労働省

 

ストレス発散方法9:買い物をする

お金を消費することで、ストレス発散をすることにつながります。前からほしかったもので自分を癒すことも、たまには必要です。

 

ただし、こちらも習慣化すると、浪費癖がついてしまうだけですので、ある程度自分でコントロールして行いましょう。

 

ストレス発散したら今後について考える【最重要】

今後の自分を考えることが重要

ちょっと現実的な話をしておくと、ストレス発散したあとには自分の今後について考えるようにしましょう。ストレス発散だけだと、ただの現実逃避で終わってしまいます。

 

今後について考えないと、いつまでたったも改善しませんし、またそのうち「疲れた」と感じてしまうでしょう。誰もそんな繰り返しの人生を過ごしたくないのではないでしょうか。

 

ブラック企業で疲れていた当時の私は、今後について考えることがあまりできていませんでした。ストレス発散をして、また出勤して、ストレス発散して・・・という繰り返しをしていました。何回も何回もそれを繰り返して、ようやく今後について考えられるようになりましたが、今となっては大切な時間を無駄遣いしていました。

 

正直大変かもしれませんが、ブラック企業勤めであれば、ここは考えるべきところです。ストレス発散したあとであれば、割と気軽にできるはずです。

 

考える内容としては、主に以下の2種類に分けることができます。

  1. 今の仕事に活かせるスキルをどう身につけるか
  2. 転職・退職をする

 

どちらの判断をしても、とても素晴らしいことだと思います。ここで重要なのは、「判断する」ということです。そうすることで、次にまた、ブラック企業で疲れたと感じたときには、また新たな進歩があるはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です