【アフィリエイト】文章が苦手な原因と3つのやるべきこと【修行】

アフィリエイトの文章が苦手の対策

アフィリエイトをやる上では、文章を書くのが得意でないとダメだと思いますよね。
文章を書くのが難しいと感じていると、アフィリエイトで成果を出せるのか心配になる気持ちはとてもよくわかります。

 

実際に私は、文章がかなり苦手でしたので。
学生時代に、新聞からコラムを書いて、先生がA~Cを判断するという宿題があり、クラスでほとんどがAをとっている中、私は一回も取れずにいました。

 

文章が得意な友達にアドバイスを受けたけど、それでもAは取れませんでした。

 

そんな経験があり、文章はかなり苦手意識がありましたが、今ではこうして40万円以上を稼ぐことができていますし、文章を書くことに抵抗はなくなっています。

 

アフィリエイトをやるにおいて、文章が苦手でも心配する必要はありません。
どちらかと言うと、執筆するにあたって、なにが大切なのかを知ることが重要です。

 

この記事では、苦手意識のある文章も、重要なポイントがわかり、アフィリエイトで成果が上がりやすく方法を紹介します。

 

今回はアフィリエイト初心者向けの内容となりますので、経験者の方は、あまり参考にならないかもしれませんので、ご理解ください。

 

それでは、本題に入っていきたいと思います。

 

文章が苦手と感じる理由

文章が苦手の理由

 

重要なポイントを間違えている

アフィリエイトを行なっていると、商品を紹介したりしますよね。

 

今、そっと目を閉じて、そんな記事を書くことを想像してみてください。
普段、記事を書く際にはどんなことを考えて文章を書いていますか?

 

  • きれいに書こうとしていませんか?
  • たくさん情報をかこうとしていませんか?

 

上記の質問は、アフィリエイターの多くの方があてはまると思います。
特に文章が苦手と感じているならなおさらです。

 

過去の私は、完全に当てはまっていて、商品の情報を「なるべくきれいに」「なるべく売りのポイントをたくさん」書こうと思って記事を作っていました。

 

アフィリエイトでは、こんな記事を書きがちですが、これこそが文章を書く上で間違いやすいところなのです。

 

これは、大規模なキュレーションサイトがやるべきことでして、個人のアフィリエイターは、この戦い方では勝つことができません。

 

文章を書く上で大切なことを理解することで、アフィリエイトの収益を変えることができるほど重要なポイントです。

 

アフィリエイトの文章はなにが大切?

アフィリエイトの文章で大切なこと

 

アフィリエイトは、読んでいる読者が、なるべく想像できる文章を作ることが大切です。
なぜなら、想像した読者は、想像していないよりも、その価値を高めることが心理学的にわかっているためです。

 

具体的には、水をおすすめするアフィリエイト記事で、その水を飲んだことを想像した方が、水の価値を高めるという効果です。

 

以下の記事で詳しく紹介しています。
(※主にメンタリストDaigoさんの本を参考につくっています)

 

アフィリエイトで文章力は不要。必要な文章とは?【断言】アフィリエイトで文章力は不要【どんな文章が必要か】

 

簡単に紹介すると、ポイントとしては、以下の3点あります。

 

  1. ペルソナを設定する
  2. ある程度くだける
  3. 伝えたいことを絞る

 

「当たり前だ」と思った方こそが要注意です。
身についていれば、これらの重要性がわかるかと思います。

 

詳細は、上記の記事で触れていますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

文章を克服するためにやるべきこと

文章の苦手を克服するためのやるべきこと

 

1:ポイントと比較して書く

記事を読んでいたり、本を読んでいたりして、妙に納得することはありませんか?
読んでいて、内容がスラスラと入ってきて、「うんうん」と妙に納得しながら読める。そんな経験は誰でもあると思います。

 

そんな文章は、著者が天才であるから、というよりはポイントを抑えて書かれているからです。
もちろん天才の方々もいますが。

 

先ほど紹介した3つのポイントを押さえれるように比較しながら文章を書いてみるといいと思います。

 

私は、こんな感じでGoogleドキュメントにメモがありまして、それと実際に自分の書いた文章を比較してチェックしていました。

 

ポイントと照らし合わせる

 

これはけっこう面倒なのでやる人が案外少ないんですよね。
本気でアフィリエイトをやっているのであれば、一度でいいからやってみるべきだと思います。

 

2:たくさん書く

これは文章が苦手な人も得意な人もやらなければいけません。
たくさん記事を作ることで、自分の中でパターンができてきたりします。

 

私は1日4000文字ほどは生産していました(それほど多くないのですが)。
正直、習慣化してしまえば4000文字程度はわりと疲れずにかけるようになるはずです。

 

また、アフィリエイトで重要でない部分は、外注化すると効率がかなり上がります。
ただ、最初の頃は、たくさん書くステップは必須ですね。

 

外注化については、こちらの記事で触れていますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

シュフティで記事作成の依頼方法【無料テンプレ付】シュフティで記事作成の依頼方法【コピペでできる】

 

3:リライトする

リライトは控えめにいって超重要です。
アフィリエイトでリライトが超重要であることはもちろんだけど、文章を書くことを克服してスキルをあげるといった意味合いでも超重要です。

 

たとえば、1ヶ月前に書いた自分の記事をみたことはありますか?
みたことある方はわかると思いますが、これを掲載していたのか、と恥ずかしくなることすらあります。

 

時間がたつと、それほど客観的に見れるものなのです。

 

実際に今日が9月1日であれば、8月1日に書いた記事をチェックしてみてください。
これをやるとやらないでアフィリエイトの収益に直結してきますよ。

 

文を書くのが苦手でも稼げる?

アフィリエイトは文章が苦手でも稼げるのか?
結論としては、稼ぐことができます。

 

重要なのは、想像させる文章をかくために努力しているのかどうかであることを、身をもって体験しました。

 

アフィリエイトは、正直なところ誰でもできると思っていて、考えながらやっているかどうかかなと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です