【断言】アフィリエイトで文章力は不要【どんな文章が必要か】

アフィリエイトで文章力は不要。必要な文章とは?

「アフィリエイトに文章力は必要なのか?」
「アフィリエイトの記事を書くさいに大事な文章力とは?」
そんな疑問を解決する記事です。

 

この内容は、後ほど紹介しているメンタリストDaigoさんの「人を操る禁断の文章術」を参考にしています。

 

実際に私は、アフィリエイトで月40万ほど稼げるようになりました(もちろんまだまだなのですが)。
ただ、ここまでくるにはアフィリエイトで1年半ほど悩みに悩んでいまして、文章を見直すことでかなり変わった経験があります。

 

その経験を少しでもメモに残しておいた方がいいと思いまして、自分への読み返し用としてもまとめておきます。

 

それでは、アフィリエイトで重要な文章力について、紹介していきたいと思います。

 

アフィリエイトは文章力は不要

アフィリエイトで文章力は不要

 

「文章力」というと、綺麗な文章を書くことだと想像しませんか?

 

学生時代は国語とかでも、きれいな文章を学びますよね。
アフィリエイトでは、こういったきれいな文章力はあまり必要ありません。

 

なぜなら、印象に残らない文章になってしまうからです。
具体例をあげるのであれば、以下のような感じです。

 

  • 桜の花は今を盛りと咲き誇っております
  • 待って待ってやっとの思いで、桜の花が咲いてくれた

 

最初の文章よりも、2番目の文章の方が、内容が入ってくると思います。

 

きれいな文章って印象が薄いんですよね。
アフィリエイトでは、きれいな文章を書く「文章力」は不要です。

 

読者に想像させる文章が大事

アフィリエイトでは想像させる文章が大切

 

きれいな文章を書くのではなく、読者に想像させる文章をかくと、アフィリエイトの成果が上がります。
具体例です。

 

  • とてもおいしいので、この水がおすすめです。
  • このおいしい水でどんな料理を作りますか?

 

上記の通りでして、後者の方が水を使っていることを想像できませんか?
この場合は、言っていること自体は同じなのですが、後者の方が水を購入してくれる確率が高まります。

 

つまり、『文章を読んだ読者の頭の中で、想像させる文章』を書くことによって、読者が行動を起こしてくれるのです。

 

アフィリエイトでは、文章力が不要と紹介しましたが、想像させる文章力を磨くことが重要です。
次の章では、実際に想像させる文章を書くためのポイントをピックアップしていきます。

 

想像させる文章を書くポイント

想像させる文章をかく3つのポイント

 

ポイント1:ペルソナを設定する

これは誰に向けて書くのかを明確にするためです。
とはいえ、基本的に年代と性別くらいです。

 

たとえば、小学生に株を教えるのと、40代のサラリーマンに株を教えるのは訳が違いますよね。

 

小学生に株の仕組みだったり、歴史などを細々と説明せずに「会社がみんなからお金を集めるためのもの」くらいで伝えると思います。

 

伝える相手によって、伝える内容や言葉遣いも変わるはずですので、ペルソナを設定することが重要なのです。

 

ポイント2:ある程度くだける

先ほどふれたところですね。きれいすぎる文章は印象に残りません。
想像させる文章をかくことが大事です。

 

ポイント3:伝えたいことを絞る

アフィリエイトでは、あれもこれも伝えたくなりますよね。

 

「この水は、こんな美味しくて、こんな使い方もできて、こんなに安くて、こんなに特徴がある。」というようにいろんな情報を詰め込みがちです。

 

これをやると、大規模な比較サイトに負けるはずでして、文章にはあなたが本当に伝えたいことを一つのメッセージにおさめましょう。
アフィリエイトでは、基本的に1つのセンテンスで一つのメッセージが基本でいいと思います。

 

想像させるには伝えたいことを絞る

 

これは、先ほど紹介したペルソナと組み合わせることで効果が出ます。

 

安い水を探している人には、こんなに安いです!と一つのメッセージを与えてあげるのです。
そうなった読者は、じゃあこれにしようとなるのが想像できませんか?

 

本で学ぶのはかなりおすすめ

これから紹介する3つの本は、どれだけ影響力のある文章を書くのかが学べる本です。

 

特におすすめをピックアップしていますが、どれもかなり学べますよ。

 

人を操る禁断の文章術

 

メンタリストのDaigoさんの本で有名ですね。
冒頭でも説明していますが、この記事も文章術を参考にしている部分があります。

 

文章をかくなら絶対に読んでほしいと思っていて、それほど重要な内容が詰まっています。
私の心にはグサグサと刺さりました。

 

5万部を超えるヒット本です。

 

沈黙のWebライティング

 

漫画調で書かれていて、読みやすい本です。
40キロのパソコンを持つマフィアから、Webについて教えてもらうという物語なのですが、普通に面白いです。

 

500ページほどあって厚い本なのですが、それほど時間をかけることなく読み終えることができます。
現在のseoについても学べるため、良本でした。

 

Webライティングの他に、沈黙のWebマーケティングがありまして、こちらもアフィリエイトの基礎が詰まっています。

 

セールスライティング・ハンドブック

 

広告の販売にあたっての文章を学ぶことができます。
セールスライティングってどんなこと?と思う方には、かなり勉強になる内容が多いと思います。

 

私はセールスライティングの基礎をこの本で学んだ部分が多くあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です