【優秀です】ロリポップのサーバーの評判は?【2年間使用】

ロリポップのレンタルサーバーの評判

ロリポップの評判は?

ロリポップは、費用が安いながらも、サーバーの速度が早いです。個人的には、今もっともおすすめできるサーバーです。その理由と、実際の速度や料金比較について詳しくみていきましょう。

 

ロリポップのメリットデメリット

ロリポップのメリットデメリット

 

メリット1:費用が安い

サーバーの費用が安いのが特徴の1つです。サーバーは、毎月費用がかかりますので、それが積み重なると大きな差がでます。

 

特にサイトは、何年も何年も使うことになる可能性がありますので、費用をおさえるのに越したことはありませんね。このあとの「他のサーバーとの料金比較」で詳しく触れていますが、サーバー費用を抑えることができます。

 

メリット2:速度が早い

サーバーを選ぶ基準として、欠かせないのがサーバーの速度ですね。ロリポップは、サーバーの速度が十分早いです。詳しくは、このあとの「ロリポップのサーバー速度は?」でふれていきます。

 

メリット3:初心者にとってとても使いやすい

WordPressをワンクリックでインストールすることができますので、サイトを作る初心者でも簡単です。

 

また、ロリポップは、公式サイトにのっている使い方がとてもわかりやすくまとめられています。公式サイトの手順通りにやればセットアップが比較的簡単にできます。

 

さらに、初心者には扱いにくいFTPの操作もロリポップの管理画面で行うことができまして、サーバーを移行したいときなどにも簡単です。わざわざFileZillaなどのFTPソフトをセットアップする必要がありません。

 

メリット4:ドメイン取得も簡単

ロリポップと同じ会社で、ムームードメインというドメイン取得サービスがあります。ムームードメインで取得したら、ロリポップに簡単に設定することができます。ワンクリックでできてしまうので、初心者の方には嬉しいですね。

 

デメリット1:改ざんされた過去がある

ロリポップは2013年に、サーバー上のWordPressを8438件のサイトが改ざんされました。これは、「WordPress の管理者権限を第三者に取得されたこと」が原因のようです。すでに対策されていて、最近では改ざんされた事件は起きていません。

 

ロリポップはどんなプランがある?

ロリポップのプラン

 

ロリポップには、上記のエコノミー・ライト・スタンダード・エンタープライズの4つのプランがあります。主な違いとしては、画像の通りでして、基本的には「スタンダードプラン」を契約する形になるかと思います。

 

決め手となるポイントはこれらです。

データベース

データベースは、サイトに使う画像やデータを保管する場所です。これがスタンダードプランを選ぶ決め手です。ライトプランの場合は、データベースが1つだけでして、万が一新しいサイトを作りたい場合には、データベースを分けることができません。

 

上級者の方でなければ、基本的には1サイト1データーベースが基本なのです。

 

独自ドメイン

独自ドメインの数は、スタンダードプランの場合は、100個まで確保できます。同時に100個のサイトを運用できますので、十分すぎるほどのプランです。僕は100もいらず20あれば十分ですが、データーベースの関係上、スタンダードプランにしています。

 

ディスク容量/転送量

ブログやアフィリエイトを行う上では、ディスク容量や転送量は、エコノミープランですが十分すぎるほどです。僕は2年間ロリポップを使用していますが、使用している容量は、2GB程度でして、通常運用していれば全く問題ありません。

 

他のサーバーとの料金比較

ロリポップのスタンダードと同じような他のサーバーのプランを料金比較してみます。サーバーでは有名な「エックスサーバー」と「さくらサーバー」で比較してみます。

 

ロリポップXサーバーさくらサーバー
プランスタンダードX10スタンダード
初期費用1,500円3,000円953円
月額費用500円900円477円
データベース数305020
ドメイン数100無制限100
速度

 

上記のように、ロリポップは、費用が安くて、実際の性能にも優れていますので、とてもバランスがとれています。さくらサーバーは、基本的には安いのですが、サーバー速度が遅いので、正直なところ全くおすすめできません。

 

ロリポップのサーバー速度は?

実際のロリポップのスタンダードプランの速度を計測してみます。

・Pagespeed Insights
ロリポップのサーバー速度

・Gtmetrix
ロリポップのサーバー速度

※100記事程度いれたサイトで計測しています。実運用していても十分ですね。

 

サイトには、FastCacheなどの高速化系のプラグインをいれていますが、特に対策を行なっていません。

 

2018年の7月には、GoogleのSpeedUpdateが入りました。これによってモバイル系の速度も重視されるようになり、今後ますますサイト速度は重要視されると思います。

 

PCでもスマホでもサイトの表示が遅いと、自然に離脱しますもんね。僕の場合は、3秒くらいで表示されなければすぐに離脱してしまいます。

 

ロリポップでは十分な速度が出ていまして、高速化対策を行えばもっと数値をあげることができると思います。

 

障害頻度は頻繁?

ロリポップのサーバー障害はたまに発生しています。

 

現在【users598】のサーバーにおきまして、サーバーに接続することが出来ない現象が発生しております。

■影響範囲
・FTP接続
・web表示
・WebDAV接続
・SSH接続

引用元:ロリポップ

 

上記のような障害が発生する形なのですが、”【users598】のサーバー”などと一部のユーザーが対象になります。

 

2年間で一度も障害が発生したことがありませんので、普通に運用しているのでは問題ないと思います。(僕が見逃していた可能性もありますが、アナリティクス系で明らかな変化はみられていませんので問題ないと思います。)

 

ロリポップの契約方法

ロリポップの公式サイトで、申し込みを行いましょう。

ロリポップの申し込み方法

対象のプランを選択するだけです。このあと、ユーザー登録が必要ですが1分あれば完了できます。

ロリポップの申し込み方法

 

ロリポップはお得サーバーです

ロリポップは費用が安いのにもかかわらず、速度がはやいサーバーだと思います。個人的にサーバーの中で、今もっともおすすめのサーバーです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です