【手順つき】アフィリエイトのキーワード選定ツールはこれ【3C】

アフィリエイトのキーワード選定におすすめのツール

この記事では、アフィリエイトのキーワード選定で使えるツールを紹介します。

 

キーワード選定ではツールは必須でして、正しい使い方をしていないと、いいキーワードが選定できないことになりますね。

 

私は、これまでキーワード選定で多くの失敗をしてきました。この間は、全くアクセスを集めることができずに悩んでいました。

 

ただ、キーワード選定を見直すことで、アクセスが大きく変えることができることを実際に経験することができました。

 

アフィリエイトのキーワードで使えるツールを使用することで、とても簡単に選定することができるようになるものです。

 

この記事では、キーワード選定で使えるツールはもちろんですが、選定する順番と考え方も紹介していきたいと思います。

 

もし、気に入ったら使ってみてくださいね。

 

キーワード選定のポイント

ツールを紹介する前に、キーワード選定する際に重要なポイントを2つだけ紹介させてください。

 

ただ単純にツールを使うだけでなく、重要なポイントを抑えることで、キーワードをしっかりと拾えるようになるものです。

 

3Cを意識することが重要【MBA】

3Cはキーワード選定で重要な考え方

3Cは、経営やマーケティングで戦略に活かすためのフレームワークでして、キーワード選定をする上で、3Cに当てはめて選定することが重要です。

 

なぜなら、アフィリエイトもWebマーケティングだからです。

 

実際に私は、この3Cに当てはめることで、大きくサイトのアクセスを変わりはじめました。

 

だからこそ、ツールを使って単純にキーワード選定するのでなく、3Cに当てはめてツールを使うことが重要なのです。

 

知っている方も多いかと思いますが、3Cは以下の3つのCを合わせているものです。

 

  • Customer   : 市場     → 検索規模
  • Competitor : 競合   → ライバルサイト
  • Company   : 自社     → キーワード率、検索キーワードとのマッチ率など

 

Webサイトでは、3Cが揃っていない場合が多く見受けられますが、3Cの型にはめて行うことが、Webマーケティングで有利になるポイントだと思っています。

 

アフィリエイトでのキーワードは3Cフレームワークにあてはまると考えやすいと思う。実際にアクセスが上がり始めたのは、3Cにあてはめてから。単純にツールを使うだけでなく、考えながらやるのが重要だと思っています。3C導入してみては?

 

たくさんのツールを使う必要はない

キーワード選定を行うツールを、必要以上にたくさん紹介しているサイトが多いですね。

 

ただ、実際にキーワード選定を行う上では、使うツールは限られています。正直なところ、全部使っていては、キーワード選定だけで時間が終わってしまいますよね。

 

「必要なキーワード選定ツールを正しく使う」ということが大事だと思っていますので、必要最低限のツールを紹介します。

 

キーワード選定に便利なツール【3Cにあてはめながら紹介】

手順1:関連ワードを調査【自社】

アフィリエイトサイトのテーマとするワードを入れるだけで、関連するキーワードが一覧で出てきます。

 

ツールとしては基本的に、Related Keywordsを使用していれば十分だと思います。

 

Related Keywords

キーワード選定ツール

 

goodkeyword

関連キーワードチェックツール

 

手順2:検索規模の調査【市場】

ここでは、検索される規模の大きさを把握することができます。

調べ方は、簡単でして、手順1で抽出したキーワードを入れるだけです。

 

aramakijake

検索規模チェックツール

 

手順3:ライバルサイト調査【競合】

市場規模がわかったら、あとはどれほど競合サイトが強いのかをチェックしましょう。

 

競合となるアフィリエイトサイトや公式サイトなど、どんな競合がいるのか把握することができます。

 

ezorisu

アフィリエイトサイトで狙ったキーワードの上位サイトの文字数をチェックすることができます。

 

このツールでは、平均文字数と最大文字数の2つがわかります。

 

文字数をチェックできるツール

 

MOZBar

Chromeを拡張する形となりますが、検索しただけで、PA(ページオーソリティ)やDA(ドメインオーソリティ)が数値で見ることができます。

 

瞬間的にわかりますので、とてもおすすめのツールです。

 

MOZBarは競合をチェックできるツール

 

手順4:キーワード出現率【自社】

ファンキーレイティング

自分の記事のキーワード出現率をチェックすることができます。

 

URLを入力するだけでして、だいたい5%を上回っていれば十分キーワードを盛り込めていると言っていいと思います。

 

キーワード出現率チェックツール

 

手順5:公開済みの記事を調査【自社】

Search Console

すでに公開している記事で、どんな検索ワードで訪問してきているのか調査したい場合には、SearchConsoleが便利です。

 

アフィリエイトでは使っていない方がいない位だと思いますが、ページごとにチェックする使い方をすると、適切なキーワードを見つけることができます。

 

使い方が重要でして、以下のサイトがとてもわかりやすく解説されています。

 

参考 Google Search Consoleの「検索アナリティクス」の使い方! あなたのサイトの流入キーワードを分析するSimilarWeb日本公式ブログ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です