【デメリットあり】Canvaをレビューする【無料使用者が語る】

Canvaのレビュー【デメリットあり】

画像作成ツールとして、かなり人気のあるCanvaのデメリットや知るべき特徴について紹介します。

 

最近、一気に知名度が広がっていて、使う方が急増しています。私もそんな流れにのってCanvaを使い始めた一人です。

 

ただ、実際に使ってみると、評判のいいCanvaにもデメリットがあります。

 

そんな経験談も交えながら、実際にCanvaの特徴について紹介していきますね。

 

Canvaのデメリット

Canvaのデメリット

 

デメリット1:画像サイズが大きい

Canvaでダウンロードした画像サイズは、若干大きくなります。

 

サイトにアップロードする際には、画像サイズが気になるポイントですよね。

 

あまり大きなファイルサイズの画像をあげてしまうと、サイトの表示速度が遅くなることにつながります。

 

ただ、サイトにアップロードする際には、TinyPNGで圧縮してからアップロードするようにすればOKです。

 

こんな感じで、だいたい60~80%もサイズを小さくすることが可能なのです。

 

TinyPNG
※151.7KB → 52.7KB (65%減)

 

この記事のアイキャッチ画像は、上記の画像の通りでして65%減でした。

 

このデメリットは、簡単に解消できますので、大きなデメリットではないです。

 

デメリット2:少し動作が重い

Canvaの2つ目のデメリットとして、動作が重いことがあります。

 

特に最初の読み込みには時間がかかります。PCでやる場合には、新規のタブで起動しておけば全く問題ありませんね。

 

ちなみにCanvaはアプリも用意されていて、あとでふれているのですが、こちらも少し重い印象をうけます。

 

Canvaのメリット

Canvaのメリット

 

正直なところ、Canvaには2つのデメリット以上にメリットがたくさんあります。

 

  • 素人でもおしゃれにできる
  • パソコンなしでもできる
  • サポートが手厚い
  • 無料会員で十分使える
  • テンプレートが最強

 

メリット1:素人でもおしゃれにできる

ブログやサイトのアイキャッチ画像やヘッダー画像を作りたいけど、どうやって作ればいいのかなぁという方の悩みを解決できるツールだと思います。

 

Canvaのいいところは直感的に画像を作れるところでして、デザインに疎い方でも全く問題ありません。

 

実際に、私自身も画像編集などはほとんどやっていませんでした。

 

ただ、Canvaは操作がわかりやすく、ほとんど苦労することなく使いこなせています。

 

メリット2:パソコンなしでもできる

Canvaは、iPhoneとAndroidでアプリが用意されていて、スマホでも画像を作ることができます。

 

個人的にあまり使っていなくて、何回か触った程度ですが、スマホでも思うように動かせるようになっていました。

 

スマホでここまで画像編集ができるツールは、他に見つからないんじゃないでしょうか。

 

メリット3:サポートが手厚い

先日、以下のようなツイートをしました。

 

即日で公式アカウントから以下のような連絡がありました。

 

 

結果的には自分で解決できたのですが、このサポートの厚さはとても親切に感じます。

 

正式には24時間メールサポートが行われていますので、わからなかったら聞いてしまいましょう。

 

メリット4:無料で十分使える

Canvaには無料て会員と有料会員の2つがあります。ただ、有料会員になる必要がないくらい、無料で十分使えます。

 

・写真やイラストが増える
・フォルダ無制限に作成して整理ができる
・ブランドカラーを保存できる etc…

 

こんな感じでさらに拡張する感じでして、毎月$12.95です。(2018年9月5日時点)

 

実際に、無料会員で困ったことはほとんどありません。

 

メリット5:テンプレートが最強

Canvaには、50000種類以上のテンプレートがありまして、これを使うだけでおしゃれ画像を作れてしまいます。

 

正直なところ、このテンプレートの文字を変えるだけで、会社やお店レベルの画像ができあがります。

 

超お手軽で3分あれば完成です。

 

実際には、テンプレートは無料で使えるものと、有料会員でないと使えないものがあります。

 

ただ、無料で半分以上使えますし、有料と遜色ないおしゃれテンプレートが山ほどあり、その辺の心配は必要ありません。

 

控えめにいって、最強の画像作成ツールです。

 

他のツールと比較【困ったらCanva】

Canvaと他のツールと比較

画像作成するためのツールは、CanvaかSkitchのどちらかがいいと思います。

 

Skitchの優れている点は、Canvaよりもお手軽感があるところです。

 

なぜなら、スクリーンショットを即座に編集できる機能が付いているためです。

 

実際にできることとして、テキストを入れたり線を入れるなどの簡単な編集です。

 

ただ、画像の質に関しては、Canvaにまかせておけばバッチリです。

 

ちなみにSkitchは、ソフトを無料インストールする形でして、Macでしか使うことができません。

 

  • Canva : これでなんでもできる
  • Skitch : ちょっとした編集には簡単(テキスト入れるだけなど)

 

おまけ:Canvaと相性のいいおしゃれなフリー素材サイト

Canvaでも画像が置いてあるのですが、無料でおしゃれな画像をゲットできるおすすめサイトを紹介しておきます。

 

これらをCanvaと組み合わせれば、思い描いているだいたいのことは実現できると思います。

 

O-DAN

O-DAN

 

まだ、あまり使用している人が多くない印象ですが、O-DANではおしゃれな画像を多く見つけることができます。

 

海外の複数の画像サイトから検索をかける形ですので、画像の種類も多いです。

 

ただ、広告が多い印象がありますので、そこはデメリットになるかと思います。

 

まあ無料で使っているので、個人的には、その辺は気にしすぎない方がよくて、無料で使えるものは使えばいいと思っています。

 

Unsplash

Unsplash

海外サイトなのですが、無料と思えない画像が山ほど置いてあります。

 

英語で検索をかけるのですが、調べたい英単語がわからなければ調べてUnsplashにコピペするだけで、問題なく検索できます。

 

一度のぞいてみると、おしゃれな画像の多さに驚かされると思います。

 

ICOOON MONO

ICOOON MONO

無料のアイコン素材サイトです。

 

シンプルなアイコンが多いので、画像の中にいれやすく、ちょっとしたアクセントとしても使えます。

 

6000点以上のアイコンが揃っているようでして、個人的にアイコン素材サイトの中でもっとも気に入っているサイトです。

 

ダウンロードする際には、色やサイズまで選ぶことができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です