【無料テンプレ付】シュフティで記事作成の依頼方法【コピペでできる】

シュフティで記事作成の依頼方法

この記事では、わたし流の「シュフティでの記事作成依頼」のやり方を紹介します。

 

記事を外注化するときには、わからないことだらけですよね。私も最初は、どうやって記事を依頼するのか想像もつきませんでした。

 

時間がもったいないか自分で記事を書いてしまおうと、何度も避けました。外注化をし始めるって難しいんですよね。

 

でも、それは一度もやったことがないから、難しく感じるのだと思います。

 

この記事の手順通りに進めるだけで、あなたも記事作成を外注化することができます。正直なところ、一番最初の依頼までが面倒なところでして、2回目以降は、同じやり方で記事作成依頼できるので簡単です。

 

それでは、シュフティでの記事作成依頼について、詳しくお伝えしていきますね。

 

シュフティで記事依頼する方法は?

シュフティでいいライターさんに出会うために

シュフティで記事を依頼する方法は、以下の2つがあります。

 

  1. タスク形式:見積もりなしで納品される。一度の発注で大量に集めたい場合。
  2. プロジェクト形式:1記事ずつ発注から納品まで工程を進める。1記事ごとにしっかりと作り込める。

 

どちらの形式でも記事は依頼することができまして、シュフティではどちらも記事を募集しているのを見かけます。

 

個人的には、圧倒的に「プロジェクト形式」での依頼がいいと思います。こちらの方が品質のいい記事を作りやすいからです。実際に両方で試してみましたが、その差は歴然としていました。

 

 

実際にシュフティで記事作成依頼をする方法

仕事を依頼する(募集を開始する)

シュフティで仕事依頼開始

右上にある緑色の「仕事を依頼する」ボタンを押します。

 

カテゴリとタイプ選択

シュフティで仕事のカテゴリ選択

 

お仕事のカテゴリ

「ライティング」>「記事作成・コラム」を選択します。

 

※体験談系の記事の場合は「ブログ・体験談」、リライト系の記事の場合は「リライト・編集・構成」が正しいと思います。

 

お仕事のタイプ

シュフティのタイプ選択

「プロジェクト形式」を選択します。

仕事内容の入力

シュフティで単価入力

 

①仕事のタイトル
②仕事の説明
→ここに記事の詳細について書いていきます。記事の品質を左右する重要な部分でして、この後の「記事の詳細について」でテンプレートを公開しています。

 

③1日の作業に必要な作業時間
→「問わない」を選択しています。正直、ライターさんによって、作業時間も異なりますのでなんでもいいと思います。

 

④タグの設定
→「初心者歓迎」「継続発注あり」「昇給あり」の3つを選択しています。

 

単価入力

シュフティで単価入力

 

①1件あたりの単価
→単価は誰もが悩む部分だと思います。私の依頼している単価も含めて「記事の単価について」でふれています。

 

②1件あたりの発注予定件数
→「1」を入力。ここの数字は、いくつでも後々、引き続き発注などもできますので、ひとまず1件としておけばOKです。

 

③発注予定人数
→パートナーさんに依頼する場合には「1」、複数人を募集したい場合には「5人」ほどで設定しています。募集したい予定人数を入力しましょう。

 

④募集期間
→「ずっと募集する」を選択。必要なライターさんが集まり次第、募集を停止しましょう。

 

参考資料の添付

シュフティで資料添付

エクセルやPDFなどの資料を添付する場合には、ここで添付することができます。

 

私の場合は、特に添付する必要がありませんので、ここではなにもせずに「次へ」ボタンを押します。

 

その他の設定

シュフティで公開範囲設定

 

①公開範囲
→「誰でも閲覧可能にする」を選択。

 

しっかりと対応してくれるライターさんとは、パートナーを結ぶことができまして、選択したライターさんだけに仕事を公開できるようになります。

 

私の場合は、依頼する8割ほどは「パートナー限定」です。

 

②デバイス
→設定なし。実際にスマホで作業する方の方が多いという印象ですが、デバイスによって記事の品質に影響するとも思えませんでした。

 

むしろ設定しない方がいいと思います。

 

③エリアの選択
→設定なし。体験談系の記事を依頼したい方は、エリアを限定してもいいかもしれません。

 

内容の確認

シュフティで記事作成依頼完了

内容に間違いがないか確認したら、「同意する」「登録完了する」という手順で行います。これで、記事を募集することができます。

 

記事の詳細について

私が実際に依頼しているテンプレートを公開します。仕事を募集するときは、これをコピペするだけでOKです。

 

①仕事のタイトル

■【1500文字以上】記事作成【報酬UP・長期依頼あり】

 

②仕事の説明

■【概要】
1500文字以上の記事をご作成いただきたく思います。
記事作成のスキルが優れている方や、役立つ情報を記事にできる方は、今後単価をアップさせて頂きます。

 

■【報酬】
1記事 1500文字以上 300円
→概要でふれましたが、あくまで初回の単価となります。

 

■【納期】
・1記事 1~3日
→あくまでも目安の期間でして、依頼する際にその都度調整させていただきます。
厳しいようでしたらお気軽にご相談ください。

 

■【記事作成方法】
ご参加いただけましたら、チャットで以下のような構成で依頼いたします。

 

【構成】———
<h1>記事タイトル</h1>
<h2>XXXXX</h2>
<h3>XXXXX</h3>
~文章~
<h3>XXXXX</h3>
~文章~
<h2>XXXXX</h2>
~文章~
—————-

 

・「記事タイトル」部分と「XXXXX」部分のご作成をお願いします。
・「XXXXX」部分はこちらで指定させていただきます。

 

※h2は大見出し、h3は小見出しの意味合いです。

 

■【記事作成の注意点】
・文末は「です」「ます」調でお願いします。
・導入文・まとめ部分は不要です。
・必要に応じて、箇条書きの使用をお願いします。
・内容を繰り返し記述するのは、避けるようにお願いします。
・適切な位置で句読点や改行をお願いします。

 

■【コピー記事はNGです】
ご作成いただきました記事は、コピペチェックツールを使用してチェックします。
コピペした文章は、どのサイトのどの文章をコピペしたかがすぐにわかります。
あまりにもひどい場合には、非承認とさせていただく場合がございますので、ご了承ください。

 

■【禁止事項】
下記にあてはまる場合は、非承認とさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
・コピー、盗作、使い回し
・あまりにも稚拙な文章
・雑誌、本、その他、他人の著作権を侵害する内容
・虚偽・想像に基づく記事

>>無料でテンプレートをダウンロード

 

記事の単価について

記事の単価について

私の場合、1記事あたり1500文字300円で依頼しています。だいぶ安いのですが、正直なところ400円、500円で依頼しても、品質があがるかと言うとそうではありませんでした。

 

最初は、これでライターさんが集まるのかどうか不安でしたが、そんな不安は一切必要ないくらい、すぐに数名集めることができました。

 

ライターさんによっては、むしろ品質が悪いこともありましたし、ここで重要なのはいいライターさんに出会うことです。

 

かなりの高品質な記事を依頼するには、クラウドソーシングで募集することは間違いです。

 

参加したライターさんに記事を依頼

ライターさんからの応募があったら、ようやく記事を依頼することができる状態になります。以下で記事作成依頼しましょう。

(あいさつ書く)

 

以下の内容について依頼させていただきたく思っておりますが、いかがでしょうか?
 

【構成】———
<h1>記事タイトル</h1>
<h2>XXXXX</h2>
<h3>XXXXX</h3>
~文章~
<h3>XXXXX</h3>
~文章~
<h2>XXXXX</h2>
~文章~
—————-
【希望納期】———
・X/XX(日)
ひとまず上記で設定いたしました。
厳しいようでしたら、お気軽にご連絡いただければと思います!
—————-
 
よろしくお願いいたします。

※”X”部分は、記事ごとに埋めてご使用ください。

 

品質の高い記事にするポイント

シュフティで品質の高い記事にするポイント

 

いいライターさんに出会う

当たり前ですが、ライターさんによって記事の品質が大きく変わってきます。いいライターさんに出会うことが超重要です。

 

ですので、最初はいろんな方に依頼して、徐々にパートナーを増やしていくと、効率よく依頼できるようになります。

 

単価をアップする

いいライターさんに高品質な記事をかきつづけてもらうために、単価はしっかりとアップさせることが大切だと思います。

 

私の印象だと、20円や30円ほどの小さな上がり幅でも何回もアップさせてあげた方がいいと思います。ライターさんの立場になれば、その方がモチベーションになることはわかりますよね。

 

柔軟に対応する

シュフティの登録者は、主婦の方や妊娠中・出産直後の子持ちの方の割合がとても高いです。男性はほとんどみかけません。

 

そのため、子供の予定や、出産、体調の変化など、さまざまな要因があり、記事作成に対応できない場合が発生します。

 

そのため、ある程度余裕をもって依頼した方が、良い関係性を長く続くことに繋がると思います。こういったことも踏まえて、柔軟に対応できるようにしておくことがポイントです。

 

納品された後は?

記事が納品された後は、以下の手順で進めています。

 

  1. 内容チェック
  2. コピペチェック
  3. 修正依頼 or 完了

 

内容チェック

記事の内容をチェックします。納品されたワードやテキストをPDFにして、そこにコメントを入れています。

 

修正箇所もわかりやすいのでおすすめです。

 

コピペチェック

外注に記事作成を依頼する場合は、コピペチェックは必須です。コピペした記事は、Googleからペナルティをくらいます。

 

実際に依頼した中でも、がっつりコピペしてくる人もいまして、コピペチェックツールに何度も助けられました。

 

コピペチェックツールは無料でもありますが、コピペリンが最強だと思っています。1度買ってしまえば、1年間使い続けることができます。

 

年間5400円ですが、1ヶ月あたり450円ですので、それだけでコピペを防げることを考えるとお得なものです。

>>コピペリン
※Windowsでのみ動きます。

 

修正依頼 or 完了

修正依頼はだいたい1~2回程度行っています。コメントする際に、はぶいて説明すると、認識にズレやすいので気をつけましょう。

 

まとめ

シュフティの具体的な依頼方法についていかがでしたでしょうか。特に外注化に関しては、まずやってみることが重要だと思います。

 

実際に外注化し始めると、徐々に自分のスタイルがみえてくると思います。

 

もしなにかわからないことがありましたが、お問い合わせください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です